面接のマナーまとめ

面接のマナーです。
ぱっと見では煩雑な印象を受けますが、1〜2度実際に経験してみれば、それほど難しくはありません。

面接のマナーまとめ

  • 1.ノック2回or3回

  • 2.「どうぞ」→入室→面接官にお尻を向けないでドアを閉める→一礼

  • 3.席の横まで移動→大学名、氏名、よろしくお願いします

  • 4.「おかけ下さい」→「失礼します」→着席→面接開始

  • 5.面接終了→「本日はありがとうございました」→一礼

  • 6.ドアまで移動→「失礼します」→退室

1.ノック2回or3回

ノックの回数は、マニュアルによって2回派と3回派に分かれています。
3回派の言い分は、2回はトイレにノックする場合に使うからなのだそうな。
2回派の言い分は、2回の方が切れ味が良いから。
どちらでもあまり気にする必要はないのではないでしょうか。

2.「どうぞ」→入室→後ろ手でドアを閉める→一礼

「どうぞ」と言われるまでは入室しないようにしましょう。
もし「どうぞ」と言われないようであれば、確認の意味も含めて、再度ノックをして、それでも返事がない場合は、意地の悪い面接官もいるものだと思って、静かにドアを開けて入室して下さい。
入室後、面接官にお尻をむけないようにドアを閉め、まず一礼します。
このときのお辞儀は浅くて良いです。
このときに俯いてばかりいず、一瞬でもきちんとアイ・コンタクトを取れると印象も良いでしょう。
しかし、あくまでも謙虚に。

3.席の横まで移動→大学名、氏名、よろしくお願いします

席の横まで移動したら、適度な声量で大学名と氏名を言います。
「よろしくお願いします」といっておじぎ。
おじぎの際、背筋と首筋は曲げず、目線もそのままおろします。
下ろすときは素早く、上げるときはややゆっくりがよく心がこもります。
顔を戻したら、再びアイ・コンタクトを取りましょう。

4.「おかけ下さい」→「失礼します」→着席→面接開始

許可されるまでは着席しないように。
座席も深く座りすぎず、席の後ろ1/3は空けるようにして、背筋を伸ばして座ります。
また、この時カバンを床に置く場合もあるので、そのときに倒れてしまわないように、自立するタイプのカバンを選ぶと良いでしょう。

5.面接終了→挨拶→一礼

質疑応答まで終了し、退室の指示をされたら「本日はありがとうございました。
どうぞよろしくお願いします」と感謝の言葉を述べて、再びお辞儀。
ただ、このときにあまりモタモタしていると切れ味が悪く、鈍臭いイメージにもなり得るので、サクっと終わらせましょう。

6.ドアまで移動→「失礼します」→退室

最後は「失礼します」といって退室するだけですが、よく落ち着いて最後まで気を抜かずにいきましょう。
特に、お辞儀をしながら喋ったり、喋りながらドアをあけたりしないこと。
喋る時は喋る、お辞儀するときはお辞儀だけ、移動するときはシャッキリ移動だけ、ということを心がけましょう。

この記事も参考になるかも
就活の基本マナー:会社訪問・見学申し込みの電話マナー
就活の基本マナー:面接日程変更を依頼する時の電話マナー
就活の基本マナー:説明会予約の電話マナー
名ばかり管理職とは?
就活の基本マナー:OB訪問依頼時のメールの件名と例文
就活の基本マナー:不在着信!折り返しでかける際の電話マナー
就活の基本マナー:面接日程変更を依頼するときのメール例文
次の面接に向けての準備にもなる、面接後に行うべきいくつかの「儀式」
就活の基本マナー:内定辞退の電話マナー
送付状の文例・その他書類郵送のマナー

CHECK!![2015年度]業界研究本を比較しました。